不動産の経営にはサブリース【リースして安定した収入GET】

money

記事一覧

空き室を無くす

サブリースを行うことで簡単に家賃収入を得ることが出来ます。なので、自分の物件を所有している方は空き室をムダにせず収入を得られます。ですが、空き室が長期に至れば契約が打ち切られる事があります。

» readmore

一定の保証

不動産賃貸業は不動産会社が建物などを一括借り上げして転貸してくれるもので、空き室となったり家賃収入が滞納になるリスクを減らしてくれます。また、一定の家賃収入を保証してくれます。

» readmore

管理手数料は払う

持っている住宅を運用させたいという場合に木の伐採を頼みたい方はこちらに相談してみよう!控えめな価格で依頼できる、お得な業者を紹介してくれますよ。

確実に増やせる資産投資法がないかとお探しの方はみんなで大家さんがおすすめです!堅実な経営をしている不動産ファンドです。

サブリースと不動産大家の違い

サブリースとは不動産管理会社が管理している物件を、他の一般の方に不動産オーナーとして購入してもらうことです。物件自体はオーナーの所有物ですので、売却や家賃収入などは普通の大家と一緒です。ですが賃貸の管理自体は不動産管理会社に任せているので、オーナー自体の負担は軽くなるのですが、その代わりに不動産界入り会社に管理手数料を支払う必要があるのです。ですので大家ほどの収入を見込めないということです。特に大手のサブリース会社が自社物件のオーナー探しに躍起になるのですが、物件そのものを管理するよりは、その物件のオーナーを探して管理手数料をもらった方が継続的な収入が入るということで、社益に繋がるというわけです。

今後の増税などの備えに対する考え方

今後もサブリースという手法は続くでしょう。それは何故かと申しますと消費税増税などで少しでも収入が欲しいというのが世間の考えです。ただ不動産の大家になるためには、莫大な自己資金とリスクに備える蓄えが必要になってくるのです。ある程度の収入がある方であればそれも可能ではあるのですが、平均の一般家庭ではそれは難しいと言えるのです。他の金融資産の所有も考えると思うのですが、レバレッジをかけるほどリスクがあがるので無理はできないのです。その点サブリースであれば、初期費用やリスクヘッジは比較的少ないと言えるので、平均所得層が取り組みやすい副収入です。さらに節税対策や生命保険のための利用という考え方もあるので、今後も注目されていくでしょう。

メニュー

賃料保証

一括借り上げすることでアパートなどのオーナーは手間の掛かる入居者の管理業務から開放されるシステムです。また、オーナーにとってはとてもいいシステムになっているので多くのオーナーが利用しています。

» readmore